Blog

苔テラリウム

以前にテレビで苔テラリウムを作っているのを見て「やってみたい」と言ったら、娘が京都で体験できるところを探してくれました。
その結果、京都府立植物園で11月に苔テラリウム体験ができることがわかりました。
「苔・こけ・コケ展2019」というイベントで、苔の展示、苔グッズの販売、講演会、観察会、ワークショップなど、毎年開催されているようです。
予約はいらず、直接行って申し込むとのことで、早速出かけました。

テラリウムの基礎を作る材料です。

プラスチックボックスの中に作ります。
滝と谷川を作りました。

奥を高く、手前を低く作ります。
使った苔は4種類。「ホソバオキナゴケ」「ハイゴケ」「フトリュウビゴケ」「ヒノキゴケ」です。
これは1500円の初心者向きですが、LEDライト付きの2800円のもの、4000円のものと3種類あります。
来年はLED付きにしてみようかなと思っています。

苔玉ワークショップもやっていました。
自分の好きな植物を植えて、1000円です。

きのこの図書館です。

植物園は今、秋の花が満開です。
紅葉はまだでした。

植物園の近くで私の好みに合いそうなランチのお店を、娘が探してくれました。観光客もほとんどいない静かな住宅地にあり、見過ごしてしまいそうです。
左が器屋さんで、右ののれんが入り口です。
「花梓侘」(かしわい)というお店です。

てまり寿司のような可愛いお寿司です。「つまみ寿司」といいます。15貫と10貫があります。
10貫と一品料理を頼みました。
どれもしっかり味がついていてとてもおいしかったです。大きさも一口で食べるのに丁度いいサイズです。

「つまみ寿司」の説明が可愛い絵とともに載っています。

一品料理の「おばんざい5種」です。

2019/11/21 11:50

コメント

コメントをどうぞ

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

Copyright (C) petite-noix.com All Rights Reserved.
ページの先頭へ