Blog

ウエディング~石の教会~

昨年甥が結婚をして、結婚の記念にドールハウス製作を頼まれました。
実際にある建物を作るのは初めてでしたが、普通の教会ではないのでどうしたらいいものかと悩みました。甥の父親(私の兄)は、「雰囲気がでていればいいよ。」というのですが、その雰囲気が出せたでしょうか。
まだ本人も見ていないので、渡してからギャラリーにアップします。

形は以前キッチンを作った「プレゼントボックス」にしました。結婚記念のお祝いにぴったりかなと思って。

軽井沢の「石の教会」は石でできた建物で、普通の結婚式場とはかなり趣がちがっています。一歩間違えると「古代遺跡」になってしまいそうです。

結婚式は済んでいるいるので、ドレスやタキシードも
もちろん実際のものに近いものをと考えました。
そのための布やレース、リボンなどを探すのに結構時間がかかりました。
ドレスは息子の時に一度作ったので、型紙もあり、合うレースも見つかり、楽しく作れました。
問題はタキシードで、男性用のボディを探しましたが見つからず、既成のものに粘土をつけて作りました。
タキシードは適当な布が見つからず、幅広のサテンのリボンを使いました。タキシードの重厚な感じは出たと思うのですが、縫いにくくて、何回も失敗してなんとかできたという感じです。あまり近くでじっくり見るのは避けてほしいという思いです。
ブーケは息子の時には知り合いに頼みましたが、今回は自分で作りました。

2015/04/14 10:40

コメント

kayo より
はちわれ猫さんへ

コメントありがとうございます。
また、いつも見ていただいてありがとうございます。

甥夫婦もとても喜んでくれて、頑張ったかいがありました。

石の壁ですが、「ポップコーア」という発砲スチロールボードに紙を貼ったものを使っています。カッターナイフで紙に切り込みを入れ、先の丸いボールペンのようなもので切り込みに線を入れてへこみを作っています。2㎜の厚さのものを使用しました。
はちわれ猫 より
はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
ステキでおしゃれなドールハウスですね。
甥っ子さんもさぞ喜ばれたことでしょう。
石の壁は石粉粘土ですか?
線をひくのですか?

コメントをどうぞ

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

Copyright (C) petite-noix.com All Rights Reserved.
ページの先頭へ