Blog

«9月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Category

Blog Search

Blog

料理教室 洋風料理

洋風料理

見た目にもさわやかでおしゃれな洋風料理です。
野菜が多いですが、結構ボリュームがあり、食べきれないほどです。

「ローストポーク」
フライパンで作るローストポークです。
豚肉に焼き色をつけてから野菜(人参、じゃがいも、ズッキーニ)も一緒に入れて蒸し焼きにします。
フライパンに残った蒸し汁に粒マスタード、醤油、レモン汁を混ぜて作ったソースをかけます。
お肉が柔らかくておいしいです。

「焼きキャベツの温サラダ」
キャベツは1個を芯ごと8等分のくし形に切ってバターで蒸し焼きにしてからこんがりと焼き、塩・胡椒します。バター、にんにく、ベーコンを炒め、生クリームを加えたソースをかけて胡椒とたっぷりの粉チーズをふって温泉卵を添えます。
温泉卵を崩しながら食べるとカルボナーラみたいでおいしくてキャベツ8分の1がぺろりと食べられます。でも、これだけでお腹いっぱいになります。

「マスカルポーネ白和え」
マスカルポーネはティラミスなどに使われるチーズのようですが、初めてお料理に使いました。
木綿豆腐、マスカルポーネ、ハチミツ、塩をフードプロセッサーにかけてなめらかにし、冷蔵庫でよく冷やしておきます。
フルーツ(マスカット、キウーイ、イチジク)は食べやすい大きさに切って冷やし、食べる直前に和えます。食感はフルーツヨーグルトに似ていますが、酸味はなくてハチミツがはいっているので甘いです。ちょっとデザートのような感じです。
個人的にはイチジクとシャインマスカットが大好きなので、テンションが上がりました。

「ガスパチョ」
トマト、玉ねぎ、セロリ、トマトジュース、バケット(とろみをつける)をミキサーで混ぜ、塩で味を調えてよく冷やします。味はトマトベースのスムージーといった感じですが、ガラスの器に盛ってバケット、レモン、セロリの葉を飾るとおしゃれ!

デザート

デザートは「フルーツゼリー」とコーヒーです。
ゼリーの中にシャインマスカットとブルーベリーが入っていて夏にぴったりの涼しいデザートです。

2022/09/07 09:45

COFF SHOP

小島先生の教室で、希望者数名で作りました。
基本は先生の見本作品と同じですが、小物などはそれぞれの好みでいろいろ変えています。

ショップ自体はあまり大きくありませんが(130×190×240㎜)扉が横にスライドするので
土台が225×405㎜で割と広いです。
木は自然のドライフラワーを使っているので、けっこう高いです。あまりカットすると不自然になりそうでそのままつかいました。葉は薄く伸ばした粘土を型抜きしています。300枚くらい使いました。

扉を閉めたところです。
扉はサイズや色、素材の違ういろいろな木材を組み合わせています。

証明をつけたところです。
証明は、ショップの天井と看板の裏下についています。
メニューは手書きです。

上から見るとこんな感じです。

レンガの壁にはアイビーが似合うと思うので、頑張ってアイビーの葉をたくさん作りました。これも薄く伸ばした粘土を型抜きしたものと、「紙造り」さんものを組み合わせています。

覗き込んでもちょっとしか見えませんが、ほとんど見えない割には後ろのシンク台が結構大変でした。
ミルやコンロ、ポットは作りました。エスプレッソマシンや左のドリップコーヒーメーカーはリーメントです。

看板

カップ型の看板が可愛いです。
ショップ名はサイトと同じ「プチ・ノア」です。

2022/08/11 12:45

ポットマット&コースター

布端切れ消費のため、アームカバーを大分作りましたが、もっと小さい端切れを消費するため、ポットマットとコースターを作ってみました。
まずはキッチンに合いそうな赤系統と、一番端切れの多い青系統で作りました。

赤系統のポットマットです。15㎝角

青系統のポットマットです。
中にはキルト芯を入れています。

赤系統のコースターです。10㎝角

青系統のコースターです。
中に接着芯を貼りました。

ポットマットとコースター2枚をセットにしてバザーに出そうと思っています。

2022/07/20 10:40

料理教室 中華料理

中華料理

今回は、中華料理です。
私の苦手なお酢や香辛料はあまり感じることもなく、味がしっかりしておいしかったです。

「海老の揚げ春巻き」
海老、筍水煮、春雨、椎茸を炒めて味付け、とろみ付けをして冷まします。それを春巻きの皮で包んで油で揚げます。酢醤油を付けて食べますが、そもままでもしっかり味がついていて美味しく食べられます。

「茄子と厚揚げの黒酢煮」
生姜とにんにく、茄子、厚揚げの順で炒め、醤油、黒酢、酒、水を加えて煮ます。皿に盛ったら、最後にパクチーを刻んで散らしますが、パクチーは好みが分かれますので、量は加減します。

「セロリとチキンの中華炒め」
千切りにした生姜とむね肉を炒め、セロリの軸を入れてさっと炒めます。セロリの葉と鶏がらスープを混ぜ、片栗粉でとろみをつけ、胡麻油を回しかけます。

「もやしとニラの鶏がらスープ」
スープは鶏がらからていねいにアクを取りながら煮ます。スープに塩、酒、醤油を入れ、煮立ったら、もやし、ニラ、トマトを入れます。仕上げに白胡椒、胡麻油を回しかけます。

デザート

デザートは「揚げあん巻」です。
春巻きの皮に、くるみ入りあんと生姜入りあんを巻いて油であげています。あんが丁度良い甘さです。

2022/07/18 10:50

料理教室 和風料理

今回は和風料理です。
といってもお料理屋さんのような凝ったものではなくて、ちょっと郊外の古民家風のお店のランチのようなお料理です。
気軽に作れて、家でももう一品ほしいな、という時によさそうです。

和風ランチ

「茄子と豚肉の味噌炒め」
豚肉を炒め、茄子、ピーマンの順に加えて炒め、砂糖、味噌、醤油、切り胡麻を絡めます。
しっかりした味でご飯が進みます。
ご飯は黒豆入りの玄米です。

「人参と糸こんにゃくの明太子炒め」
粗めの千切りにした人参、下茹でして適当な長さに切った糸こんにゃくの順に炒め、出汁、味醂、醤油を入れて混ぜ、最後に明太子を混ぜます。
明太子の食感もおいしいです。

「オクラと長芋のポン酢和え」
輪切りにしたオクラ、千切りにした長芋、湯通ししたワカメ、細く裂いたカニカマをポン酢で和えて煎り胡麻を散らしたら出来上がりです。
簡単であっさりしていて熱い夏にぴったりです。

「豆腐とレタスの味噌汁」
豆腐とカボチャとレタスの入った味噌汁です。
野菜がいっぱいです。

デザート

デザートは「苺大福」とお抹茶です。

2022/06/02 17:30

料理教室 洋風料理

洋風料理

1年4か月ぶりの料理教室です。
まずはみんなで近況報告をし合ってから作業に取り掛かりました。
テーブルはレストランのようにプラスチック板で仕切りが立てて合って、感染対策も万全です。

「チキンとひよこ豆のトマト煮」
鶏もも肉とひよこ豆以外に、大きめに切ったじゃがいも、玉ねぎ、にんじん、ズッキーニ、セロリがごろごろ入ってボリューム感がすごいです。
これ一品でタンパク質も野菜もしっかりとれます。
トマトの酸味が苦手な時は、ハチミツを加えるとよいそうです。

「春野菜パスタ」
ブロッコリー、春キャベツ、アスパラガス、スナップエンドウなど春野菜がいっぱいのパスタです。
味付けは、ベーコンの塩味とアンチョビ、塩コショウであっさりとしておいしいです。
野菜がいっぱい食べられるのもいいです。

「チーズさつまいも」
さつまいもに生クリームとハチミツを混ぜたソースをからめ、チーズとクルミを合わせています。
甘くてヘルシーなおやつにもなりそうです。

「生ハムとオレンジのマリネ」
実を取り出したオレンジと生ハムをコアントロー(お菓子作り用の洋酒)で和えます。
あっさりしておいしいです。

デザート

デザート
「自家製レモンママレード、プルーン、ナッツ入りのバウンドケーキ」「緑寿庵清水の金平糖 苺と生姜味」「カプチーノ」です。
先生の淹れてくれたカプチーノがおいしかったです。

「チキンとひよこ豆のトマト煮」は、グラタンソースをかけて粉チーズを振ってオーブンで焼いてもおいしいと教えていただいたので、さっそく家に持ち帰ったトマト煮でやってみました。味がまろやかになって、酸味が苦手な私には合っていました。

パスタも少し残ったので、茹で春キャベツと生ハムを加えてグリル塩とオリーブオイルをかけ、パスタサラダにしました。夕食用に二品出来上がりです。

夕食に

2022/04/20 11:35

着物リメイク スヌード

スヌードというと、毛糸で編んだもこもこした暖かいネックウォーマーみたいなもの、という認識だったのですが、最近、着物をリメイクしたふわっとしたスカーフのようなスヌードを知りました。
これなら首元がちょっと開きすぎているとか、少し寒いときなどストール代わりによさそうです。
おまけにストールのように巻き方をいろいろ考えなくてもいいし、作り方もかんたんだし、色違いで作っておけば服に合わせられるし、というわけで早速作ってみました。
実は、着物もパッチワーク用に端切れを集めたり、古い着物をほどいたりしていろいろあるのです。
これの消費も考えなくては、です。

黒いちりめん、絞り、男物襦袢の裏布を組み合わせました。組み合わせ方をちょっと考えなくてはいけないようです。

二重に巻いたときに出したい柄がうまく出るかも考える必要があります。

大島紬を4種類合わせました。

柄の出し方を考えて巻きます。

表と裏で変えてみました。
黒い縮緬と黒地の銘仙です。

巻き方はあまり気にしなくてもよさそうです。

これはパッチワークにはまっていた時に、あまりにもきれいな色柄だったので買ってしまった端切れです。
着物の時にはどんなに美しかったのでしょう、と思うような布です。端切れなのにいいお値段でした。

これも表と裏で変えました。
裏は同色の無地です。

2022/04/16 11:35

アームカバー

大分前にパッチワークにはまっていた時期がありました。その頃にパッチワーク用に買った小さめの布が結構あって、それを何とか消費できないものかと思っていました。
そんな時ネットでアームカバーの作り方を見つけました。
アームカバーは水仕事の時に袖口が濡れるので、買ったり作ったりして使っていたのですが、実用性重視でビニールやタオル地の可愛くないものでした。
ネットを見て「こんな可愛くできるのだ」と早速制作開始。直線裁ち、直線縫いで作り方も簡単です。

こんな感じでゴムは袖口だけです。

裏です。リバーシブルになっています。

これはエプロンか何か作った残り布ですが、エプロンとおそろいでも可愛いです。

裏です。 
布が足りなかったので違う布を足してみました。

始めに7セット作ってバザーに出したら、すぐに売り切れました。水仕事だけでなく、油絵を描く方が、袖口によく絵の具がつくからと買ってくださいました。
ちょっとしたお礼に差し上げても喜んでもらえます。
次回のバザーに向けて布の大量消費に頑張って作っています。

2022/02/04 14:50

織物2

前回毛糸でマフラーを織った時の織り機では縦糸の幅が広すぎてシルク糸できれいに織れなかったので、結局もう1台織り機を作りました。
それでできたのがこれです。

サイズは26㎝×200㎝です。
長くなるとだんだん織り目が緩んだりきつくなったりします。

織り目です。

モヘアの入った毛糸で織りました。
縦糸も同じ毛糸で織るときれいに織れます。
サイズは24㎝×164㎝です。

織り目です。

前回織った、いろいろな種類の糸を使ったマフラーです。

織り目です。

シルクのマフラー

シルクのマフラーを巻いてみるとこんな感じになります。

モヘアのマフラー

白い毛糸のマフラー

2022/01/15 14:20

アートギャラリー

小島先生の教室で作った螺旋階段をアートギャラリーにしてみました。
何にしようかと迷ったのですが、あまりいろいろなものを置かない方がいいかなと思い、ギャラリーにしました。
なにしろ主役は、螺旋階段なので。
色彩もなるべく抑えた感じがいいかなと、ミヒャエルゾーヴァ展にしました。

2022/01/13 13:50

Copyright (C) petite-noix.com All Rights Reserved.
ページの先頭へ